【栂池山ノ神尾根スキーツァ】 2007年3月17日(晴れ&曇り)
メンバー:こばちゃん・さとさん夫妻・岐阜軍団精鋭5名・ゆきむし夫妻・たか

動画は、こちらをクリック!
先週辺りから寒の戻りか冬型の気圧配置になり真冬に逆戻りになる。こんな時はまだパウダーが楽しめそうだけど。以前から、穂高のさとさんと一緒に「栂池紙すき山牧場クラシックルート」に行く約束の日がやってきた。
このコースはかなり長いし、ガイドブックでは上級者コースとして紹介されている。この日の為に夜のマラソンで体力を鍛えてきたのだ。今シーズン前半一番の目標でもある。箙岳(エビラダケ)から紙すき牧場の雪の状態も不安なので、ビバークも想定して前日の宴会も酒は自粛する。はたして後半まで自分の体力が持つのか一抹の不安を感じながら、銀行の会議を早めに切り上げ帰宅し早く眠る事にする。
5時の起床で外を見ると天気は悪くなさそう、天気予報を聞くと午後から冬型が強まり北部は雪の予報、これは午前中が勝負のようだな。こばログに行き、車は2台とも持ち込む事にする。約束の場所でFさんGと、さとさん夫婦が待っていた。挨拶を交してるとゆきむしさんも到着。栂池高原スキー場まで移動するが、北方の雲が濃く少し不安を感じる「大丈夫かな?」
案内役のさとさんの提言で、こばちゃんが「紙すき山は変更」に決定する。残念だったけど何故かホッとした。Fさんは悔しがっていた。ゴンドラとロープウェイを乗り継ぎ自然園まで来ると青空が拡がる。「もしかしたら?」と期待を込めて、さとさん先頭でハイクアップ。雪質も申し分なく、滑りも期待がもてる。前回の耐寒山行が嘘のよう、
ゆきむし夫妻も嬉しさで顔が笑いで止まらない(無理ないよな)。

栂池高原ゴンドラ乗り場

栂池自然園から

説明を聞いて出発 9:15am

自然園を眼下に

天狗原へ

FさんJrと岐阜軍団
天狗原に着くと、白乗の真っ白な斜面が迎えてくれる。実を言うと僕も初めて見る冬の白乗、昨年も前回もガスと吹雪でその姿は見せてくれなかった。何故か此の山域は天気の悪い時しか来ない不運の場所。恥ずかしがってきっと其の白い身体を見せてくれないのだ。
斜面に数人の人影「今日は登れるぞ」と紙すき山を忘れて、気持はそちらに移る変わり身の早さ。こばちゃん、さとさんが偵察に行って戻るが、やはり紙すき方面はガスがかかり無理のようだ。代案として白乗と山の神尾根を提案。「うん?両方は」と思っていた自分はやはり身の程知らずだった。遠くからの岐阜軍団に選択を任して、山の神尾根コースに決定。白乗はこれから何時でも来れる、天気の良い暖かい日にでも、もと姫を連れて此の白い斜面を見に来よう。
さあ、そうと決まったら気持を入れ替え先人の開いたルートに滑り込もう。さとさん案内で東方のツァ入り口に移動だ。

天狗原入り口

案内役さとさん

天狗原の祠でお参り 10:25am

全員で記念写真

白馬乗鞍岳をバックに

05年8月同じ場所のもと姫

山ノ神尾根入り口 11:10am

山ノ神尾根が見える

宴会無し昼食 12:00pm

樹林帯を滑る
最初は緩やかな広い尾根伝いに、多少シュカブラ気味を滑る。続いて若干パウダーのバーンを気持ち良く下る。岐阜軍団の雄叫びが始まる。右手にヒヨドリ方面をみて、急な斜面をトラバースする。この斜面が素晴らしく、誘惑に負けたこばちゃんがドロップそして沈没。
途中動画を撮ったりしながら、景色の開けた尾根上で簡単な昼食。風吹大池方面が彼方に見える。次第に高度を下げ、素晴らしい岳樺の間を下る。
樹林帯に入ると、まさしくパウダースノー。ゆきむし夫妻の華麗なターンが決まり、思わず拍手喝采、ワカイ姫もウフフと嬉しそう。テレマーカーのさとさんも綺麗に滑り降りる。最年長?の梅里さんも順調だ。皆が皆自分の好きなスタイルで雪と戯れている。何か少し上手くなったような気がするのは雪のせい?いややっぱ腕だね?。高度を下げるに従い、ガスが濃くなってきた。雪も少し舞い始める中で、案内標識が見つからない。こばちゃんが上部に偵察に行く。暫く思案したが沢通しに下る事に決定。先に行ったさとさんが標識を確認して、思い思いに気持ちよく沢を下る。無事堰堤に到着して、こばちゃん先導でパイプ構造の堰堤下を渡渉。顕著になった林道を下るとコルチナスキー場に到達する。

ご機嫌こばちゃん

ルートを確認しながら

迷った黒川沢上部下降点

堰堤到着

こばちゃん空中遊泳

見えたゲレンデ 2:40pm

バスで栂池に戻る

全員無事バス停に 3:00pm
冷えた身体を「みみずくの湯」で温泉に浸かりながら山を眺めると、すでに濃いガスに覆われ雪が舞っていた。
今日の楽しかった「山ノ神クラシックコース」は何時か滑ってみたいコースの一つでもあった。当初のコースの変更は残念だけど、安全が基本原則。思いがけず素晴らしいコースに出合い満足な一日だ。それにしても、遠くからの岐阜の皆さん信州を狙う甲斐の客人、地の利を得る僕もその行動力を見習わなければ。付け加えれば、今回は案内役さとさん夫婦の的確な判断と、こばちゃんの決断で楽しめた山スキーだった。


直線上に配置

Copyright (C) Taka's web site 峠の我が家 All rights reserved.