【栂池天狗原山スキー&Y氏回復祝い】 2007年2月11日〜12日

2月11日(雪)
メンバー:みいさん夫妻・ゆきむしさん夫妻・石川君・みのりさん・むらちゃん・こばちゃん・たか

こばちゃんの計画の白馬乗鞍岳山スキーの日、天気予報がイマイチだけど午後からの回復に期待しょう。
8時にはゴンドラが動くという事で7時40分の集合、ところが途中の栂池に向かう道路が渋滞。この連休は随分白馬の各スキー場にスキー客が入り込んでいるようだ。
やっと駐車場を確保してゴンドラ駅の待ち合わせ場所に到着する。みいさんご夫妻が手を振ってくれ、僕は経ヶ岳以来の再会(あの時は言葉も交さなかったけど)何故か懐かしい。

ゴンドラ駅前は大混雑、まるでスキー盛んの頃の状況みたいで、すでに予定より1時間以上の遅れ。初めてのゆきむしさんご夫妻ともあいさつを交し、長野山岳会の若い3人に食料のボッカをお願いする。
栂の森ゲレンデに着くと、大勢のスキーヤーで混雑している。雪も風と共に吹きつける。シールを貼り、こばちゃん先頭で出発。ゲレンデを上りゆるやかに林道を歩く。新雪は40cm程だけどトレースが有り快適だ。
神の田圃の早大小屋まで歩いて小休憩するが、どうも咳が出て胸が痛い。北京からの風邪が治りきっていないのだ。成城小屋の手前で、咳が止まらず「このまま行っても迷惑かけるな」と判断。こばちゃんに訳を話して成城小屋で待つ事にする。
「この時間と雪では、多分行っても天狗原までが精一杯だろう」とリーダーの了解を得る。
寒さが激しいので雪洞を掘って休む事にする。暫くすると胸の痛みが消えてきたので、食卓作りを始める事にする。
小1時間程、雪と格闘しながらテーブルと椅子を9人分作る。時々襲うブリザードが一抹の不安だが・・・

憧れのみいさんと

栂の森ゲレンデで

林道を行く
「1時間30分程で戻る」の打ち合わせとおり、8人のメンバーは雪で真っ白になって戻ってきた。降り続く雪と、時々襲うブリザードに苦労したみたいだ。しかも重い雪で下りラッセルになってしまう。
宴会を始めるが、風避けに張ったツエルトも一瞬のブリザードで見事に破壊。「これはダメだ、撤収!」の声で、栂の森まで下ることにする。40cm程の新雪なので、転ぶと起き上がるのが大変だ。転ばないようボーゲンを決めながら下る。
傾斜で前転してしまいスキー板が雪に潜り不明、必死に探してるとむらちゃんとゆきむしさんが、一緒に捜してくれた(感謝!)
風の当たらない樹林帯の中で再び食卓作る。せっかく用意した食担に悪いのか、−10℃の中での寒いランチが始まる。「まるで罰ゲームみたい」の声とおり、寒いの寒くないの耐寒訓練みたいな様相だ。それでもお腹に暖かい物が入ると身体も元気が出てくる。以外と水餃子が美味しかったな、ひんのべ(すいとん)も好評だ。又新しいメニューが追加されたのに満足。
後は長いゲレンデをゴンドラ駅まで滑り降りるだけ。時々襲う咳と胸の痛みを我慢して下る。でも、これはちょっと「やばいな〜」。

成城小屋まで僅か

成城小屋でデポ

−10度以下の耐寒ランチ
激混の「倉下の湯」 みいさんご主人も吃驚!「何時も空いているので、何時かは潰れてしまう」と思っていたそうだ。
これで安心だけど、この混み様「何とかしてくれ!」身体が暖まると少し胸の痛みも楽になってきた。

名残惜しいけど遠来の両ご夫婦と別れ、Y氏の居る穂高の別荘に向かう。
それにしてもR148は凄い渋滞だ、まるで車は進まない。
予定より1時間以上も遅れ、8時過ぎにY氏友人のA氏の別荘に到着。久々の握手を交し早速宴会に入る。若干遅れて、さとみさんも駆けつけ全員揃う。疲れと空腹でアルコールが回り、すっかり酩酊状態となる。
そうなると始まるのが「カラオケ」となり、こばちゃんのサングラス姿から盛り上がる。普段歌わないというY氏も何曲も歌う。咳と胸が痛い僕は、少し早めにベッドに入るが、耳の奥に何時までも続く楽しそうな笑い声が聞こえていた。

A氏別荘に集う

ダンスも始まる

回復なったY氏とさとみさん

オーナーのA氏と元軍人M氏

陽水かな〜?

気持ち良く、何歌たっけ?
2月12日(晴れ)
メンバー:Y氏 A氏 M氏(東京勢)さとみさん こばちゃん たか(長野勢)


7時頃目が覚め付近の河原に散歩に行ってみる。有明山が黒々と近くに聳え、左奥に前常念らしき白い山が覗いている。僕も現役をリタイアしたら、何時かはアルプスの見える場所で残りの人生を送りたいと思ってるので「穂高」は候補地の一つ。
30分程歩き、A氏邸に戻る。外国生活の長いA氏が、さとみさんと手際よく朝食を作ってくれた。食器も素晴らしい物が取り揃えてありスクランブルエッグもおいしく感じる。Y氏は朝からビールを飲んで元気そう。M氏は海上○○隊のOBで食事は本当に少しだけ。
3人共、僕より3歳程先輩になるが、厳しい人生を乗り越えてきた自信と、生活を楽しむ情熱を兼ね備えている。
海外遠征登山の話や、陶器等趣味の話を聞きながら美味しいコーヒを頂く。

家に戻るさとみさんを皆で見送る、このまま3人と別れるのは名残惜しいので、葛温泉の「高瀬館」の野天風呂に入り、新行の「山品」で蕎麦を食べ、せっかくだから「こばホーム」までご一緒する事になる。
温泉ですっかり昨日の疲れもとれ、こばホームのログで皆と別れ「消息不明」だと言われそうな我が家に帰る事にする。

有明山を見る

キッチンで食事用意

A氏の立派な門構えの別宅

葛温泉 高瀬館

こばログで

新行の山品で
今回は北京からの風邪が長引き、参加するまでには完治すると甘く考えていたが、実際歩き始めて1時間程で咳に苦しみ、胸の奥が締め付けられように痛く呼吸が苦しくなった。汗をかけば風邪なんか大丈夫と考えていたが、やはり若い時と違う。
結果的には時間に無理ということで、食料をデポすることになり 事無きを得たが、状況ではメンバーに迷惑をかけるところだった。
耐寒の装備もいろいろ考えさせられた。安いグローブとゴーグルは何の役にもたたなかった。

    *今回は写真の数が少なく、こばちゃん・むらちゃん・Yさんの写真を使わせていただきました。

直線上に配置

Copyright (C) Taka's web site 峠の我が家 All rights reserved.