直線上に配置

婿殿と笠岳に遊ぶ】  2006年8月16日 (晴れ)

AM4時頃の起床で、薄くらい中ホテルを出発。「熊に用心」の立看板を横目に、熊の湯スキー場を上る。空が明るくなり、先日歩いた前山から鉢山が見渡せる。このまま登りだと「ヤバイナ」と思った頃、登りも終わり巻き道に入る、熊が怖いので(6月に死亡事故有り)鈴を付け、笛を鳴らす。大事な婿さんに何かあったら娘に何言われるか・・・。途中で笠の全容が見え、かなり険しそうだ。1時間程で峠の茶に到着「あれ!車がある」。言わなかったけど、立派な車道が頂上手前まで来ているんだ、「でも歩いてこそ頂上の感激が大きいよ」。一段と険しさを増した、でも立派な階段を上ると、360度の眺め。紺碧の空に早朝特有の澄んだ景色、婿殿の満足下な顔で思わず頬の緩む「たか」でした。8時までに朝食が終わるので、帰りは飛ぶように下山した。


トップページへ戻る 旅・ドライブ目次

直線上に配置
Copyright (C) Taka's web site 峠の我が家 All rights reserved.