直線上に配置
【志賀「田の原湿原」散策 2006年6月11日】 

6月に入って早2週目、何となく山から遠ざかった日が続く。
予定した打ち合わせが、10時ころ終わり「さてどうしょう?」と思案。
志賀の「田の原湿原」にでも行ってみるか、急いで用意して自宅を出る。
高原ルートは途中霧の中、蓮池辺りまで来ると霧も晴れる。
湿原の駐車場に車を止め、散策路を降りてみる。
姫シャクナゲの群生が迎えてくれる。ワタスゲも開き始めている。
時々霧が湧いて、幻想的な景色を演出してくれる。
もうじきニッコウキスゲも咲いて、色とりどりの湿原を魅せるだろうな、前山リフトから渋池に上がってみた。
まだ雪が融けたばかりの淋しい景色池の近くに一株の水芭蕉が咲いていた。
四十八池から来た登山者が「まだ雪が一杯あった」と話してくれた。
目をやるとズボンの裾が濡れて泥だらけ。雪深い志賀の山々にも草花が咲き、遅かった春が訪れ、駆け足で夏が追いかけてくる。


志賀『田の原湿原』

ワタスゲ

姫シャクナゲ群生

霧が沸く湿原

湿原の散策

姫シャクナゲ近撮

前山湿原から渋池へ

水芭蕉

ハスの開花前『一沼で』

トップページへ戻る 旅・ドライブ目次

直線上に配置
Copyright (C) Taka's web site 峠の我が家 All rights reserved.