乗鞍高原山スキー&忘年宴会ヶ岳 2007年12月16日(曇り)

メンバー :岐阜軍団、ひろろとろろさん、みれさん&こば軍団 総勢14名

動画はこちら>>アメブロでどうぞ!

前夜のニュースで御嶽のゴンドラ事故の様子を見てると、雪がガンガン降ってる。
ニュースも明日は山は大荒れ、雪崩に注意の呼びかけを流してる。
果たして新雪パウダーが待ってるのか?それとも修羅場が待ってるのか?
区の用事から帰り、急いでパッキング。
もと姫に用意して貰ったうどんを受け取る。
「エ!こんなに?」
思わず叫んだ。ザックを新調してよかったなあ〜、荷がすっかり収まる。
3時半に目覚まし設定だが、山スキーの日は目覚まし無しでも不思議と目が覚める。
こばちゃんの車に便乗させて貰い、乗鞍の国民休暇村にやってくる。

思えば山スキーを始めてから、3度目に連れて来られたのが此処だった。
新調のヘルメットを買って、意気揚々としてきたけど、肩の小屋までがやっとだったなあ〜。
滑りもやっとで、それでも山スキーに夢中になった場所。。。。。今回はどうなる事やら?

*******************************************

みいさんまっちゃんがすぐ気が付いて車を隣によせる。ひろろさんとも猫岳以来かな?
みれさんとは初めてだ。
少し遅れる岐阜メンバーを待ち、お互いに簡単な挨拶を済ます。
休暇村駐車場で
休暇村駐車場で
ビーコンテストのお二人
ビーコンテストのお二人
昨日から営業を始めたコースを、
それぞれにハイクアップ。
リフト運行まで待ってなんか居られない。

ピステンのかかったコースは歩き良い。

スキーコースをハイクアップ
スキーコースをハイクアップ

三本滝レストハウスで
三本滝レストハウスで
40分程で三本滝レストハウスまで。

此処でやっと重い荷から開放される。

30cm程積もった新雪を、HGさん先頭にラッセルが始まる。交代したひろろさんのラッセルの早いこと。 若手のFJrもグイグイラッセルして行く。
僕も一度は交代と思ったけど10分程で息があがり即交代だ。

かもしかコースを登るとゲレンデトップ。
さあ〜本番は此処から始まる。

岐阜軍団名古屋支部メンバー
岐阜軍団名古屋支部メンバー

こば軍団女王のみいさん
こば軍団女王のみいさん
ゲレンデトップを行く
ゲレンデトップを行く
ツアコースをハイクアップ
ツアコースをハイクアップ
小休憩してる間に、こばちゃんが急斜面を力強くラッセルしてくれる。
まだ藪の埋まらない急斜面、作ってくれたトレースを有難く使わせてもらう。

切り通しのツアコースに入ると雪が少し多くなる。
横殴りの風が雪をはらんで顔に当たり痛い。


気温も大分下がっているようだ。

位ヶ原手前の急斜面にくると、俄然雪の量が多くなり、すでに60cm以上の新雪がある。
それでも先頭のこばちゃんは、雪と格闘してさらに上部を目指す。
何とか此の斜面を滑りたい想いで必死なのだ。 勾配が増しこれ以上は危険と判断して「此処まで!」の声でハイクアップ終了。
薄いグローブで、先程から手先の感覚が無くなり始めた僕は一安心。
気温はマイナス10度以下とか・・良いグローブを買わなくては・・・。

位ヶ原直下の急斜面で
位ヶ原直下の急斜面で

滑降準備
滑降準備
シールを剥がし、いよいよ滑降にはいるが、こんな深雪は始めてだ。
滑り始めると以外にスピードが出ない・・・のだが止まる瞬間にスキーが潜り込む。
こうなると腰まで潜り、単独での脱出が不可能になってしまう。
TOKIOさんに救助され、周りをみると何人か同じ状態に陥っている。 これは転ぶとアウトだなと、思ったのがいけなかった。 安全に滑ろうと思うと、かえって腰が引けて不安定になる。分ってるけど止められない。

「山スキーは度胸だ!」の声を聞きながら、どうしてもスピードに乗りきれない。
その後2度程岐阜救助隊のお世話になり、やっとゲレンデトップに戻る。
圧雪してない「かもしかゲレンデ」を雄叫びを挙げながらメンバーが滑り降りる。
すっかり足にきている僕は、見せ場でも腰が引けて転倒虫、Fさんにしっかり撮られてしまった。
少し不甲斐ない自分に落ち込んだけど、これが実力かな・・もっと練習しよう。

準備OKのみいさん&まっちゃん
準備OKのみいさん&まっちゃん

TOKIOさんと記念写真
TOKIOさんと記念写真
三本滝のレストハウスで、お待ちかねの忘年宴会ヶ岳を始める。

前回木曽駒荘で頂いた獅子肉の焼肉が胡椒が効いて美味だ。
お汁粉も疲れた身体に、甘くて美味しい。


忘年宴会ヶ岳
忘年宴会ヶ岳
持ってきたうどんも好評だ。
まっちゃんから貰ったホットウイスキーが身体を温めてくれる。
多彩な豪華食材をしっかり食べ、後はゲレンデを軽く流して終了。

煮込みうどん
煮込みうどん

岐阜名物モツ焼きが美味
岐阜名物モツ焼きが美味
こばちゃんお知り合いの山栄荘の白い硫黄泉に、全員ゆっくり浸かり今日の疲れを取る。

遠方のひろろさんみれさんを見送り、岐阜軍団と蕎麦を食べ長野に戻る。


蕎麦に夢中
蕎麦に夢中
新装なったみい女王の髪
新装なったみい女王の髪
全員で記念写真
全員で記念写真
こんな深雪の新雪は初めて、転ばないよう慎重になり過ぎて、最後までスキー板に乗れず終わってしまった。
「山スキーは度胸だ」のTOKIOさんの声を聞きながら、腰が引けていく不甲斐なさ。
深雪ラッセル、メンバーの役割の大事さ等、いろいろ考えさせられる有意義な山スキーとなりました。
何所かに甘くみていた自分がいたんだな〜。暇を見つけてラッセルと深雪滑りの練習に行こう。

  *今回は写真を撮る余裕が無く、こばちゃんから数枚写真提供を頂きました。


このページのトップに戻る  

直線上に配置

Copyright (C) Taka's web site 峠の我が家 All rights reserved.