【雪山交流会&根子岳山スキー】 2007年3月4日(晴れ)
メンバー:こばちゃん・カトウさん・みいさん夫妻・岐阜軍団・三河軍団(総勢21名)

動画へGo!シーハイル

Nさん

Sさん

みいさん
前日の夕方からは、長山協東北信支部主催の「雪山交流会」。午前中の仕事をなんとか片付け会場の菅平「青年の家」に向かう。峰の原スキー場の駐車場まで来ると、偶然にみいさん夫妻に行き会う。
  「やあ〜先日はご苦労様でした」
  「たかさ〜ん、こんにちわ」

相変わらず明るいみいさん「明日はよろしく」数分言葉を交し会場に急ぐ。
6時からの交流会で、初めての参加の僕は知らない人ばかりで誰と話していいやら・・同室のKさんが見え、部屋で暫く雑談する。
食事を手早く済ませ、机を並べ替え自己紹介から始まる。前に座ったご婦人達から「やだ〜住まいは同じ町内よ」と言われ、「僕もそちらの山岳会に移籍しょうかな〜」と思ってたら、こばちゃんと目が逢い諦めた。
山好きな人達の集まりなので、心配する事無く打ち解け、夜遅くまで交流が続き夜が深けていった。


翌4日は朝から気持が悪いほど暖かい、外に出てみるとまるで春霞のような景色が拡がる。朝食を食べ集合の奥ダボススキー場に急ぐ。
  「やあ〜久しぶり」TOKIOさん達と挨拶を交す。
初めて逢う「ごっちゃん」とも挨拶、思ったよりシャイな感じの好中年(青年?)で初めて逢ったと思われない。みいさんも大きく手を振ってくれた。

雪山交流会で

仲の良いみいさん夫妻

ゲレンデトップからハイクアップ

笑顔のごっちゃん

まとめ役のTOKIOさん

接待役のこばちゃん

山やのKさん
Kさんとリフトでゲレンデトップに移動「山スキーは久々なんです」少し不安そう。でも歩き出したらさすが「山ヤさん」ペースをつかんで快調にハイクアップ。これなら安心と少し待って後発のメンバーを待つことにする。
岐阜軍団がサポートしながらとうこさん達、山スキー初デビューの三河軍団が登ってくる。皆お年ながら(失礼)元気だ。ごっちゃんも余裕たっぷりの様子だ。唯、期待した景色がかすみ少し残念。その代わり暑い事、僕も半そでで登る事にする。
非難小屋を過ぎた辺りで休んでいると、むらちゃんGの○○山岳会のメンバーがやってきた。暫く話しながら歩くことにする。
「昨夜は飲みすぎて、2日酔いだ」嘆きながら頂上を目指す。ヘリポートを過ぎた辺りから急斜面にかかるが、初デビューの三河軍団が此処で、なかなか登りきれない。「やだ〜滑るゥ〜!」と転ぶ人が続出、そろそろ足腰に疲れが出てきて踏ん張れないのだ。しんがりを努めるTOKIOさん達岐阜勢がサポートしてなんとか通過。
頂上にやってくると、先行して登ったみいさん夫妻Kさんが手を振って迎えてくれた。

むらちゃんも登って来た

余裕のごっちゃん

Kさんとみいさん夫妻

テーブル作り

全員揃い踏み

オイタ姫も加わって

ジンギスカン調理中

いつも明るいみいさん

盛り上がる宴会ヶ岳
頂上は長山協の会員達、我々グループを交え50名程の大賑わい、さぞかし山の神「今日は何の日?」と吃驚だろうな。を前に2グループに分け記念写真を撮るが、その度に歓声があがり賑やかなネコになった。
さて、いよいよ楽しみのランチタイム、こばちゃんの設計でテーブル作りが始まる。岐阜軍団は慣れたもので、携帯スコップでアッという間に21名が座れるテーブルを作り上げる。僕も去年飯綱山でデビューした時、その手際の良さに吃驚して眺めていたものだ。
こばちゃんと持参したジンギスカンを出し、いよいよ宴会が始まる、肉の焼ける香ばしい匂いがたち込め食欲が湧いてくる。
ごっちゃん持参の岐阜名物モツの「こてっちゃん?」が旨い、今度お願いしてお取り寄せしてみたい。みいさん持参の「さつまあげ」最後にオイタ姫の「味噌煮込みウドン」は何時食べても美味しい。ワインも回り充実した今期最大の宴会ヶ岳となり満足。
山で始めての簡単な自己紹介も良かったけど、多分街で会っても分からずすれ違ってしまうだろうな・・・

急斜面を恐々下る三河勢

記念に僕も1枚

オイタ姫改名してワカガエッタ姫

みいさん旦那まっちゃん

振り返れば根子岳
1時間あまりのランチも終わり、いよいよ滑降タイムの時間がやってきた。あまりの暖かさで雪の状態が悪いのが少し心配。案の定慣れない初山スキーの三河軍団は急な下りに苦労している。果敢に挑戦するも「行き先はスキーに聞いてくれ」状態
TOKIOさん一同岐阜軍団がサポートするも混乱状態になってきた。先に行ったこばちゃんを待たす為、何人か降りたところで追い掛け2班に分け下る事に決定。
重い雪に苦労しながら牧場経由の駐車場に下る。牧場まで来ると傾斜もすっかり緩み、振り返ると根子岳の頂上も遥かに遠ざかり1日が終わろうとしている。
遠くから来られた岐阜・三河軍団を見送り、ごっちゃんと再会の約束をして別れる。みいさん夫妻とこばちゃんの4人でマッタリ小布施の温泉に浸かり、名残惜しいけど又の機会を楽しみに大きく手を振って別れた。


直線上に配置

Copyright (C) Taka's web site 峠の我が家 All rights reserved.