南木曽岳&木曽駒荘宴会ヶ岳 2007年11月24日(晴れ)
メンバー :木曽駒G&岐阜G&こばG等

連休の前日、東京の同期生より連絡があり予定した「飯綱登山」の中止を決定。夕方には、これまた初日の同期会コンペが積雪の為クローズの連絡が入る。
こばちゃんに連絡して、急遽
南木曽岳コラポに参加願い。快く承諾を得て、車に便乗させて貰う事になった。しかし、南信の山はまるで初めてで予備知識さえない。10時の帰宅で急いで山仕度、もと姫もあきれてる。まだ暗い長野道を松本に向う。天気は良さそうだ。
簡単に自己紹介
簡単に自己紹介
伊那インターで高速を降り、権兵衛峠を木曽路に抜ける。この道路のおかげで随分木曽路が近くなったものだ。
最近定番のコンビニでおでんを買っての朝食、今度はカップ麺にしてみるかな。
明るくなり始めた待ち合わせの上松町の公民館前。 加藤さんカモシカさん
さとさん、そして今回の案内役の木曽駒さんが集まる。 車をデポして、木曽駒さんの車で登山口に向う。
さとさんは同じ木曽の生まれ、木曽駒さんと夢中で話してる。 後ろから見てると、まるで姉妹みたいで微笑ましい。
 
南木曽が見える
南木曽が見える

登山口に着くと、名古屋のメンバーみいさん夫婦が待っていた。 なんんだかブログを見てるので、久々の気がしない。
簡単に自己紹介して、木曽駒さん先導で林道を歩く。
地図もガイドブックも見て来なかったので、まるで何処に来たのか定かでない。暫くは林道を、そして登山道に入ると急坂になる。少し登ると下山道との分岐、どうやら周回コースになってるようだ。
だんだん尾根がきつくなり岩場が現れるが、立派な木製の巻道がある。
どうやら鎖場は侵入禁止になるのかな?

金時の産湯の池
金時の産湯の池とか

急登其の1
急登其の1

急登其の2
急登其の2

恵那山?
恵那山かな?

兜岩が見える
兜岩が見える
急坂が終わると緩やかになり、木立の中のピークに至る。
遅れて来た
木曽駒さんマユ太さんGも加わり記念写真。
そう言えば、カモシカさんが女性陣を従えて記念写真を撮っていた。 僕も悔しいから
みいさんとハイタッチの写真を3枚も撮ってもらった。
ネット仲間の偶然の出会いもあったみたいで、世の中は狭い。
 
みんなで記念写真
南木曽岳登頂記念写真
ハイタッチ
慣例にしたいハイタッチだけど

御嶽山御嶽山

笹原を行く
笹原を行く
避難小屋
避難小屋
中央アルプス
中央アルプス
御嶽&乗鞍かな?
御嶽&乗鞍かな
昼食だあ〜
昼食だあ〜
頂上は視界がないので、展望台に場所を移して昼食となる。
雰囲気の良い笹原に避難小屋が建ち、素晴らしい景色が拡がる。 南は不案内で山座同定が出来ない自分は、標識を見ながら溜息ばかり。 木曽の御嶽の雄大さに、間近の中央アルプスに唯感激する。

それにしても良い天気だ、空の青さが山々を際立たせる。こんな日に登れて幸せだな。
木曽駒さんの心づくしのトン汁名古屋Gの善哉が美味しい。
 
またも記念写真
またも記念写真
何処かなあ〜
何処かな〜
下山です
下山です
穏やかな笹原を行き、登り返しが少々、摩利支天への分岐から急坂が待っていた。 古い木の梯子を転ばないよう下り、どんどん高度を下げる。
右手に登って来た尾根が見えるようになると傾斜も緩み、やがて登りとの分岐に着く。
休憩後、穏やかになった登山道を戻るだけ。 登り2時間、下り1時間30分程の晩秋の総勢16名の登山でした。
南木曽岳全景
南木曽岳全景
夕焼けの御嶽山
夕焼けの御嶽山
床浪荘
床浪荘
「床浪荘」で汗を流し上松町で買出しをして、いよいよ始まる大宴会ヶ岳
なんだか、こっちの方が楽しみだな。

木曽駒荘は思っていたより大きく、実は徳本峠小屋をイメージしていた。
部屋が幾つか有、薪ストーブと囲炉裏が良い雰囲気を作っている。
串焼き番人
串焼き番人
宴会の始まり
宴会の初め
こばちゃんの音頭で
こばちゃんの音頭で佳境に
岐阜のTOKIOさん達むらちゃんも先に着き、シシの串焼きの準備をしている。
カモシカさんにジジ同士は隅に座ろうと言われ、2人で持ってきた酒を飲み始める。
ジジ同士は少し不満だったけど、若い人に場を譲るのもジジのタシナミ。
・・・なんて本当は何もしないで、
「ハイハイご馳走様」と酌み交わす2人でした。
変なマイクで自己紹介した後、こばちゃんの歌から始まった大宴会。
TOKIOさんの「トラのパンツ?」がさらに宴会を盛り上げる。
カモシカさん
味のあるカモシカジジのスピーチ
妖しい写真を何枚も撮られ、後日どうなる事やら?
まだ、こば軍団の恐ろしさを知らないんだ・・・可哀想にTOKIOさん。

(案の定、後日TOKIOさんの写真はネット上で氾濫する事になったけど、最高でした)
佳境1
佳境1
それにしてもこばちゃんといい、よく次から次に歌が出てくるものだ。
木曽駒メンバーの重大発表をきいて、さらに盛り上がりバンザイまで出る。

何がなんだか分らなくなり、早めに帰るさとさんを送り、隣の部屋で寝袋に入る事にする。
佳境2
佳境2

そして壊れる
そして壊れる

木曽駒荘全景
木曽駒荘全景

木曽駒Joy
木曽駒JOYに栄えあれ


楽しい1日でした。ネットで知り合った輪が又拡がった思いです。 それにしても木曽の人達の優しいもてなしの心が、身に沁みるオフ会でした。

このページのトップに戻る  

直線上に配置

Copyright (C) Taka's web site 峠の我が家 All rights reserved.