yukiyama
鍋倉山スキー 2008年4月6日(晴)

トップページへもどる 
メンバー :
 従兄弟&たか
山・スキー目次     

行きそびれていた鍋倉山。 今回は前日久々に逢った従兄弟が同行したいと言う。
「スキーで行くんだけど・・・」   と言ったら、
「俺もそうしょうかな」 と言う。
「えっ!スキーできたっけ?」と聞いたら、 「高校以来やった事がない」と返事。
「でも、お前が出来るんなら、俺にもできるさ」・・・暫し無言が続いて。
「今回はスノーシューが無難だよ」と説得する。
前夜の宴会が効いて、多少2日酔いなので遅めのスタートにする。 9時に温井の部落にやって来ると、すでに数台の車が駐車し団体さんも準備中だ。

除雪の始まらない林道
除雪の始まらない林道 9:08am

まだ除雪の始まらない林道脇から、雪のびっしり残る水田をショートカットして田茂木池を目指す。


雪原を歩く従兄弟
雪原を歩く従兄弟

雪氷が解け始めた田茂木池の脇を抜け、最初の取り付き点の尾根にかかる。

当初は此処から登るつもりだったけど、巨木の谷に寄りたいので西ノ沢の出会い付近まで行く事にする。

従兄弟は雪山の体験は初めてだけど、以外と雪歩きが面白いので楽しんでる。
スキーをみながら
「早速購入しようかな」と興味深深だ。


雪解けの田茂木池
雪解けの田茂木池

鍋倉山が近づく
沢筋にルート変更
沢筋にルート変更

先行者のテレマーカー

先発の団体さんが尾根の取り付き点で休んでいる。聞けば東京からのテレマークのツアーだとか。

西ノ沢側に少し廻り込んで、出来るだけ急傾斜を避け尾根を目指す。

やはり山スキーの威力は凄い!
つぼ足の従兄弟との差がどんどん開いてしまう。

団体さんに混じって従兄弟も
団体さんに混じって従兄弟も
尾根上に座ってみてると、スキーを外した団体さんと従兄弟が、蟻の列の様に登ってくる。


到達の尾根から巨木の谷
到達の尾根から巨木の谷 11:42am
尾根上で休む団体ツアー
尾根上で休む団体ツアー
ブナの尾根上を行く従兄弟
ブナの尾根上を行く従兄弟
今日唯一のつぼ足登山者
今日唯一のつぼ足登山者
頂上へのプロムナード
頂上へのプロムナード
巨木の谷を見ると、いつもより大分上部に到達したみたいだ。
森姫に寄るには下る必要がある。

息を切らして登って来た従兄弟をみると、このまま頂上に行った方が良さそうだ。

鍋倉山頂上
鍋倉山頂上 12:25pm
ビールで乾杯
ビールで乾杯
スノーシュも付ける程でないので、ブナのプロムナードの林を行くと40分程で鍋倉の頂上。

すでに何人もの人が、想い想いに車座になって宴会中だ。
大勢の団体さんも到着して、今日の鍋倉は大賑わい。
つぼ足で遅れて着いた従兄弟とビールで乾杯して、暖かいカップラーメンで昼食をとる。

夏山とは違った景色に見とれながら、暫し山座同定。

逆光の森太郎
逆光の森太郎
森姫と記念写真
森姫と記念写真
遠くの山々は春霞みでぼんやりしてるが、今日の鍋倉は好天で暖かい。
日本海側の山裾は黄砂で変色してるが、長野側は白い山並みが綺麗だ。

今後の温度にもよるけど、昨年よりは遥かに積雪が多い。連休頃までは楽しめそうだ。

1時間程のんびりして、もと姫愛用の農協の飼料袋を従兄弟に渡し、尻セードで下る事にする。

今日の鍋倉は山スキーばかりで、唯一の登山者の従兄弟。
でも腐れ雪で歩く方が早そうだ、巨木の谷への急斜面のみ何とか尻セード。
森太郎に逢い、すぐ下の森姫にも立ち寄る。積雪は2m程か、暫し二人で大木を見上げる。


巨木の谷
巨木の谷

左の尾根に登り返しスキーとつぼ足の競争だけど、慣れて来た従兄弟は結構早く駆け下る。

上部の木立が煩わしくモタモタしたけど、下部の無木立で一気に追い抜き勝負あり(あたりまえか?


のんびり話しながら、緩斜面を流し(歩き)温井の部落に戻る。

何処でも我が道
何処でも我が道 2:25pm
まだ一面の銀世界
まだ一面の銀世界
徐雪の不思議な造形
徐雪の不思議な造形 3:05pm
冬の寒さが苦手な従兄弟にしては、珍しい雪山登山でした。

歩くスキーには大分興味をもったみたいで、来年は山スキーもありえるかも。
戸狩温泉で温泉に浸かりながら、今年の夏山計画に話が弾み1時間もゆっくりしてしまった。

このページのトップに戻る  

直線上に配置

Copyright (C) Taka's web site 峠の我が家 All rights reserved.