【妙高三田原山 山スキー】 2007年1月21日(晴れ)
メンバー : こばちゃん たか

今年の初めての山スキー、こばちゃんにお願いして昨年行けなかった「三田原山」に案内してもらう。「お昼も何か食べさせてよ」とお願いしたら、言ってみるもので「食器と箸だけ持参」のメール。
こばちゃんの好意に甘える事にして、私物だけの軽装備の僕を我が家に迎えにきてくれた。朝焼けの牟礼街道を車を走らせ、最近僕のHPに訪れてくれた「わさびさん」の好きな「丹霞卿」に寄ってみる。
北信5岳が綺麗に桃畑の上に拡がる。今日訪れる妙高山も「早くお出で」と呼んでいる様だ。

妙高山ズーム


杉の原ゴンドラで上部に

スキー場トップの警告看板 9:25am

沢を越えハイクアップ



一服のこばちゃん



高妻・乙妻が迎えてくれる
スキー場トップでシールを貼り、いよいよハイクアップ。さすがメジャーの三田原山、数人の先行者が登っていく。
今日は2時間程の歩き、急ぐ事ないので、のんびり景色を楽しみながら歩く。何年か前に雪崩の事故のあった小沢を渡る。急な斜面をジグを切りながら尾根に取り付く。尾根上に着くと高妻・乙妻山が姿を見せてくれる。
乙妻山の白い斜面も今年は雪が少なそうだ。気持の良い青空に映える岳樺が出てくると白馬方面の景色も拡がる。景色の良い所で2人で一服。ベッカムさんに「禁煙の願い」を書かれたけど、愛煙家の2人にはこの景色を前に、紫煙がなければ絵にならない。先行するパーテイを追って30分程で妙高外輪山の稜線に到達。目の前に突然の様に間近に妙高山が姿を現す。

気持の良い岳樺の斜面


先行のパーテイ


眼下に黒姫山


稜線到達 11:20am


斜面に飛び込む


つぼ足で登り返し

ザックをデポして外輪山の北斜面を滑り降りる。
いつも思うけど、こばちゃんが滑ると、いとも簡単に滑り降りるので「なんだ簡単なんだ」とトライすると、これがなかなかそうはいかない。今日も途中で撃沈してしまった。もう1本トライするこばちゃんを動画撮りして、稜線につぼ足で登り返す。遊んでいたら昼を過ぎてしまった。林道に出てからランチにする予定で下山にかかる事にする。最初は疎林の気持の良い斜面。快調に飛ばすこばちゃんを追って僕も滑る。先週のゲレ練の成果を試す時がきた。
ところが先週と違い少し重めの雪で何度も転倒する。どんな雪でも滑れなければ・・と思いつつ又転倒だ。やっと慣れてきたら、後半の斜面は藪と重雪になり悪戦苦闘の連続。空腹も手伝ってバテバテ状態。みると師匠こばちゃんも雪の中でもがいている。
今日は食料全部持っているので、重量は僕の倍程「可哀想」階段登行ならず階段下行で藪を乗り切り、傾斜の緩んだ斜面をやっとの思いで林道に到達する。
汗と空腹で僕はもうヘトヘトになる。林道の横でテーブルを作り楽しみなランチがやってきた。
最初は1本の缶ビールを分け合って軽く乾杯、そしてカルビの焼肉と野菜たっぷりの煮込みウドンを食べる。美味しい食事を用意してくれたこばちゃんに感謝「ご馳走様でした!美味かった」遅い食事後、少し寒くなった林道を飛ばしてゲレンデに帰還。杉の原の長いゲレンデを滑りゴンドラ駅に下る。帰りは大混雑の「妙高温泉」に入り、楽しかった1日が過ぎていく。

妙高山が間近に



下山の斜面 12:40pm


もがくこばちゃん


林道も間近


やっとランチ 14:20pm

これは美味い!

駐車場帰還 16:10pm

飯綱町丹霞卿から北信5岳
今回はマンツーマンでこばちゃんにご指導を受けるチャンス。
シール登行の仕方、滑る地形の選び方など、其の都度教えてもらった。妙高山域は我が家から間近、何時かはこの辺りを滑り尽くしたいと思っている僕には貴重な1日。
幸いにも好天に恵まれ楽しい1日になったけど、シール登行・悪雪・藪滑りなどまだまだ多くの課題を残している。なによりも滑りだけに夢中になってしまう自分は、まだまだ初心者かな・・・・。
 


直線上に配置

Copyright (C) Taka's web site 峠の我が家 All rights reserved.