花撮影「唐松岳」 2008年8月15日(曇り)

トップページへもどる 
メンバー :
  あのまろっち   たか
山・スキー目次  出会った花たち>>      
yukiyama

お盆休みの中日は1日だけの完全自由日、最近山に目覚めたあのまろっちを誘い八方尾根に花撮影に出かけました。
午後からは雨と雷が来そうなので、早めの出発としたが白馬に着いたのが7時チョッと前。
黒菱平から登るつもりが、ゴンドラがすぐ動くので予定変更でゴンドラ駅へ。
リフト2機を乗り継いで八方山荘に着くと、雨が当たり始める。

ゴンドラで兎平へ
ゴンドラで兎平へ
リフトで八方山荘に
リフトで八方山荘に 7:30am
八方山荘を後に
八方山荘を後に

雨だったら丸山ケルン位で止めようと、あのまろっちに告げて尾根ルートを歩き始める。
今日の僕の目的は花撮影にもあるので超スローペース。
立ち止まっている方が多いみたいだ。
1時間30分もかけて第3ケルンまでやってきた。
案の定不帰(カエラズ)方面は濃いガスの中だ。

八方池は帰りに寄る事にして、再びのんびり写真を撮りながらの歩きが始まる。


ガスが湧き登山者も少なめ
ガスが湧き登山者も少なめ
どうも雨模様です
どうも雨模様です
曇りで花には良いですが
曇りで花には良いですが
フォーカスされました
フォーカスされました
長野方面は明るいけど
長野方面は明るいけど

息ケルンで
息ケルンで 8:20am
息ケルン
息ケルン
墨絵をみるような下界
墨絵をみるような下界

足の止まる事がおびただしい、「下の樺」を過ぎて雨具を脱ぐ事にする。
心なしか空が明るくなってきたような気がする。
そこで、今日のあのまろっちの目的は・・・と。もちろん「ピークハント」と気がつく。
これはいけない、このペースでは何時ピークに到達することやら・・・。
心を入れ替えて、此処から撮影を自重して歩きに専念することにする。
だんだんペースがよくなり、程なく「上の樺」、「扇雪渓」そして丸山ケルンと1時間程で到達。
途中のお花畑は、又帰りに楽しむ事にして、ガスの稜線を唐松山荘へ向かう。


八方池を通過
八方池を通過 9:00am

丸山ケルン
丸山ケルン 10:12am
丸山ケルンを後に
丸山ケルンを後に
唐松山荘で*帰りに
唐松山荘で*帰りに

ザックを山荘の玄関にデポして、カメラだけ持って山頂を目指す。


まるでガスで何も見えないが、足元のコマクサが可憐で慰められる。


頂上には悪天のせいか数人程、さすがに此処まで来ると温度が下がり肌寒い。


唐松岳山頂
唐松岳山頂 11:35am

小屋で乾杯
小屋で乾杯 12:10pm

ハイタッチの記念写真を居合わせた登山者に撮って貰い、早々に山荘に戻ります。

景色は何も見えなかったけど、満足そうな顔のあのまろっちを見ると嬉しくなる。

これが今期3度目のアルプスのピークで、やはり山頂が踏めて良かった。

山荘に戻り、小屋の脇でささやかにビールで乾杯します。


のんびり下ります
のんびり下ります 1:00pm

時々ガスがあがり景色が見れそうにないけど、どうも今日は無理みたいだな。

それでも心配した雨はどうやらなさそう、ゆっくり下山する事にします。


お花畑で
お花畑で
足が止まります
足が止まります
下界が近づきます
下界が近づきます
歩きやすい八方尾根を
歩きやすい八方尾根を
観光客もチラホラ
観光客もチラホラ
八方池でのんびり
八方池でのんびり 3:10pm
不帰方面もガスの中
不帰方面もガスの中

丸山ケルン下のお花畑で花撮影しながら下山。

そして観光客の多くなった八方池で時間を過ごします。


白馬が見えればなんだけど・・残念
白馬が見えればなんだけど・・・残念

花撮影という目的もあったけど、やっぱりピークを踏むと踏まないのでは大違い。 最初はちょっと緊張して、あのまろっちに怪我でもさせたら・・・と思いましたが。
山を歩き始めると、つい自分の事で夢中になってしまい、すっかり忘れてしまいました。
ピークを目指すという共有の目的があると、パートナーが男でも女でも同じなんですね。 まあ〜慣れないもので少しはドキドキしましたが、それも新鮮で楽しかったです。
残念ながら景色はまるでガスの中でしたが、あのまろっちも楽しんでくれたのかな? 途中からコースタイム通りに歩きましたが、まだまだ余裕がありそうなので今後がとても楽しみです。

それにしても花撮影は難しいですね、100枚以上の写真が僅か数枚になり、それも駄作ばかりです。 カメラが良くても腕が悪いという見本になりましたが、数枚掲載します。



このページのトップに戻る  

直線上に配置

Copyright (C) Taka's web site 峠の我が家 All rights reserved.