【八方尾根上部山スキー】 2006年12月24日(晴れ)
メンバー : こばちゃん むらちゃん たか

今年は、早くからスキー板を新調して準備したのに降雪が少ない。北信の各スキー場も、滑走可能が標高の高い場所だけだ。山スキーにのめり込んで2年目、今シーズンは少しでもレベルアップする為、早いスタートと思っていたけど仕方ないな。
そんな時こばちゃんから、今年最後の山スキーのお誘いを受ける。場所は八方尾根上部「丸山ケルン」。
唐松岳は我が家も以前は良く出かけたものだ。丸山ケルンの扇雪渓で、もと姫と雪渓遊びをしたのも2年前の夏。もと姫にイブのプレゼントを奮発して、お誘いにのる事にする。メンバーは気心知れたむらちゃん、そして年配者にも優しいこばちゃん。

八方スキー場は何年振りだろう、思い出せないほど昔になってしまった。僕の住む場所からは圧倒的に志賀方面が多い。
ゴンドラアダムに乗りスキー場を眼下に見るが、スキー場は土の見えている所が多い。兎平に着くと、辺り一面薄いガスがかかり、好天のはずが嫌な予感がする。
アルペンクワットに乗り上部ゲレンデに向かう。リフトを1本降りた所からシールを付けハイクアップ、ところが濃いガスで方向が分からない、仕方なくリフト横を八方山荘に向かう。10mも離れるとメンバーの姿がガスに消えてしまう。錯覚しそうな自分と戦いながら八方山荘に到着。山荘に入り暫くガスの様子を見る事にしよう。今日は駄目かな?嫌な予感が現実になりかかる。

リフトで上部に

八方山荘

ネックウヲマー購入のこばちゃん

ガスの第2ケルン
山荘で1時間あまり待つけど、濃いガスは取れない。八方池までは遊歩道の柵もあるので安全だろうと出発する事にする。
外に出てみると、トレッキングの団体さんが準備している。山スキー・ボードの人も数人歩き始めている。こばちゃんが団体を追い越し、アッというまにガスに消えていく。遅れてはと僕もピッチを上げて追いかける。トイレを横目に見て、第2ケルンまで来ると心なしかガスが薄くなってきた。
八方池への急登を上り始めると上から歓声が聞こえる。八方池の台地に上がると、突然のようにガスが切れ、紺碧の青空と白く雪化粧したアルプスが目に飛び込んできた。しまった!「上は晴れていたんだ」既に11時近くになってる。
上部をみると丸山ケルンの手前のピークに3人程の人影が見える。しかもルート上には何人かの人影、景色もそこそこに又もやピッチのあがるこばちゃん。もう目が点になってる。

薄れ逝くガスのなかに

不帰キレット

目指す丸山ケルン

八方池を背に不帰・天狗方面

ハイクアップ

ボードを背に苦しい登行
だが此処から次第に遅れ始める「たか」このところ飲み会続きと、トレーニング不足で足が重い。新調したスキーとシールも何故かまだぴったりこない。急勾配では滑って旨く上れない、あせれば焦るほど距離が開く。結局ピーク手前で2人に待って貰い終了。痙攣のおき始めた太ももをさすりながら、昼食を食べる。
休憩後尾根の北側樹林帯にドロップ、東方面下部に見える八方池を目指しトラバー気味に下る。最初のパウダーは気持良く滑る。若干長い急斜面は途中で撃沈、これだから山スキーは止められない。
最後は先に行ったこばちゃんに合図して尾根への上り返し。以外にこれが疲れ、又もや痙攣が起きる。我慢してつぼ足で尾根上に到達、そのまま歩いて八方池のケルンに到着する。
転んだら谷底まで落ちそうな斜面をトラバーして、再びガスの濃くなる遊歩道を下りゲレンデトップに到着。ガタガタの足と痙攣する太ももを我慢して、ゴンドラ乗り場へ着いた時は何故かホッとした。

五竜・鹿島方面

ピーク目指して

一服のこばちゃん

好男子むらちゃん

何故か雪中にキノコ

お疲れの小生

無事帰還
今年最後の山スキー、最初の頃は人の後をついて行くだけで何も考えなかった。
講習会に出たり本を読んでいくうち、その怖さと醍醐味が分かるようになってきた最近だ。体力はもちろん、ルートを見る力等多くの事が山スキーには要求される。最近の冬山は本当にスキー・ボードの登山者が多くなった。無雪期には行けない場所でもスキーを履くと走破する事ができる。そして、下山はスキーという道具で時間短縮が可能だ。
今シーズンは基礎的なルールを学びながら楽しみたいと思う。

「華麗に舞い降りるたか」(こばちゃん提供)


直線上に配置

Copyright (C) Taka's web site 峠の我が家 All rights reserved.